那覇商業高校ロゴ
Google
WWW を検索 このホームページ内を検索
情報広報部

那覇商業高等学校 学校説明

中学生のみなさん向けに説明された
イラストとともに、那覇商業高等学校の
学校説明をします。


那覇商業高等学校は、
『士魂商才』=たくましい精神力と、商業の
          才能を持ち合わせた人間
『自主独立』=自分で考え、責任を持って
          行動できる人間
を目標とすることを校訓として掲げています。

本校には左の図のように
4つの学科があります。
1〜4組が商業科
5・6組が会計科
7・8組が情報処理科
9組が国際経済科です。

普通高校で学ぶのは、普通科目が
ほとんどですが、本校では、
普通科目2、専門科目1
の割合で学習します。
本校で学習する専門科目とは、
左の図のとおりです。


次に、各学科の特色を見ていきましょう。

【商業科の特色】
起業家精神を有する人材育成をめざすため、
ビジネスに関する幅広い商業科目から、
個人の興味や関心のある科目が選べるよう、
多くの選択科目が用意されているところです。

まず、1年生で「ビジネス基礎」の授業、
2年生で「商品と流通」・「マーケティング」
の授業を通して、流通やファイナンスについて
しっかりと学習します。そして3年生で、流通・販売のプロである「販売士」と
金融に関する知識を学ぶ「ファイナンス」という二つの学校設定科目から、
自分の興味関心や進路にあった科目を選択できるようになっているのです。


【会計科の特色】
会計科は簿記会計を専門的に学習する学科です。
簿記は、会社のお金の出し入れを管理し、
会社にとって重要な仕事を学習する科目で、
商業科目の核となる科目です。
会社における様々な活動を、数字で把握する
能力と態度を育てます。
「会計」で、簿記の理論を学習します。 「原価計算」は、製造業の簿記です。以前は「工業簿記」と呼ばれていました。 「商業技術」では、計算技術「電卓やそろばん」、「ワープロ」などを勉強します。 「財務諸表」とは、会社の1年間の経営結果を示す決算書類です。


【情報処理科の特色】
現在は、小学校や中学校でもコンピュータに
触れる機会が多くなっていますが、
「情報処理科」は、そのコンピュータについて
専門的に学習する学科です。

1年生の「情報処理」で基礎基本的な知識と
技能を身につけ、
2年生ではシステム開発をより深く学ぶ
「プログラミング」と、コンピュータの利用についてより深く学習する「ビジネス情報」の選択授業があります。
3年生になったら、国家資格への挑戦やネットワーク学習を実践的に学んでいく「情報システム演習」とコンピュータを活用したデザインや表現を学ぶ「文書デザイン」のどちらかを選択し学んでいきます。


【国際経済科の特色】
本学科では、特に進学に重点を置き、
毎日午前7時30分から始まる早朝講座では、
国語、数学、英語、簿記、小論文を学習し
基礎学力を養います。

そのほか、進学対策夏季講座など、必修講座
を設け、進学に向けて学習に励んでます。

外国語に力を入れ、英語に関しては他の学科よりも授業数が多く設定されており、
第2外国語として中国語を2年次に必修科目として設定されています。
国費留学生、県費留学生、私費留学生など、毎年5・6人の生徒が留学しています。
海外修学旅行はアメリカ合衆国の西海岸、ロサンゼルスを予定しています。

次に、本校の生徒たちの資格取得状況・進学状況を見ていきましょう。

商業高校のイメージとして
左の図にあるように、資格取得や就職に有利
なイメージを持たれる方も多いと思います。


以下に、平成24年度の各種検定上位取得状況をお知らせします。
図をクリックすると拡大します。
資格取得@    資格取得A

次に、平成24年度の主な就職先・進路の割合をお知らせします。
進路決定率    就職先

次に、平成24年度の主な進学先をお知らせします。
進学先@    進学先A


   

大学入試には、左に示すように、
4つの形態があります。
一般受験の受験方法では、
普通科目での受験を課されるため、
商業高校のカリキュラム上
どうしてもハンデがあります。
やはり、@〜Bの方法で受験する生徒が
多いようです。


本校では、部活動も盛んです。
商業高校の専門技術を活かした
部活も多くあります。

生徒商研部は商業高校独特の
部で、様々な研究・取り組みを
しています。例えばこちら。

左の新聞記事は、
本校の3年生が昨年11月に行われた
日商簿記検定に合格したことを取り
上げています。高校生の合格は県内で
1人だけでした。



県の商業実務競技大会では、
団体6種目中4種目で優勝。
個人では多くの種目で優勝するなど、
素晴らしい成果を挙げています。


学校行事では、全校生徒で盛り上がります。
平成23年度では、
校内商業実務競技大会(9月)、
校内陸上競技大会(11月)、
学園祭祭(12月)
と盛りだくさんです。


ここで、先ほど「商業科目の核」と説明しました「簿記」ですが、
受験生の皆さんには、あまりなじみがないと思いますので、マンガ形式で説明します。


  簿記   簿記

  簿記   簿記

  簿記   簿記

  簿記   簿記

  簿記   簿記

  簿記

どうでしょうか?なんとなく分かってもらえたでしょうか?
それでは次に、受験生の皆さんに注意してほしいことをお知らせします。


超難関校と呼ばれる大学への受験を
考えている方には、本校のカリキュラムは
向いていません。
また、様々な検定試験が休日にあったり、
校則が厳しく感じることもあったりする
と思うので、高校生活をゆっくりと過ごし
たい方も、向いていません。
一方、新しい自分の可能性を発見したい方や、高校卒業後の進路が心配な方、
充実した高校生活を過ごしたい方は大歓迎です!
昨年の秋には、新校舎も完成しました。
ぜひ那覇商業高校で学びませんか!?

 

最後まで見ていただいて、ありがとうございました。
受験生の皆さん、お待ちしています!