那覇商業高校ロゴ
Google
WWW を検索 このホームページ内を検索
士魂商才

推薦入学 平成29年度 

(1) 出願資格

次のア及びイに該当する者で、中学校長が推薦するもの
ア 平成29年3月に県内の中学校を卒業見込みの者
イ 推薦入学志望学科に関する目的意識が明確であり、かつ、本校の学科への興味、
   関心及び適性を有する者

(2) 実施する学科

商業科、会計科、情報処理科、国際経済科のすべての学科

(3) 出願の要件

出願者は、次のア又はイの要件を満たしている者とする。

ア 次に掲げる諸活動の実績等について、自分を表現すること(以下「自己表現」という。)が
   できること。
  なお、当該活動の実績については、証明する資料(賞状や認定証等)の写し(A4版:3枚以内)
   を提出すること。

(ア) 文化活動
(イ) スポーツ活動
(ウ) 社会活動
(エ) ボランティア活動
(オ) 資格取得等の活動

イ 次に掲げる分野について表現すること(以下「個性表現」という。)ができること。

(ア) 音楽、美術、書道等の芸術分野
(イ) 文芸、研究等の分野
(ウ) 舞踊、創作ダンス、手話等の身体的活動を伴う分野
(エ) 留学等の体験的分野

(4) 募集人員  このページのトップへ

ア 各学科の募集人員は、当該学科の募集定員の次の割合として定める。
   商業科、会計科、情報処理科、国際経済科の各学科とも定員の30%程度
イ 合否基準に関しては、別に定める。
  

(5) 出願期間  このページのトップへ

平成29年1月16日(月)午前9時~午後5時
平成29年1月17日(火)午前9時~午後5時
※郵送の場合も、この期限までに必着のこと。

(6) 出願手続  このページのトップへ

ア 志願者は、「沖縄県立高等学校の通学区域に関する規則」に基づいて出願すること。
イ 商業科、会計科、情報処理科、国際経済科のうち、1学科のみ出願すること。
ウ 出願書類並びに入学考査料

(ア) 推薦入学志願書(推薦第1号様式)
(イ) 推薦申請書(推薦第2号様式)
(ウ) 推薦入学志願者名簿(推薦第3号様式)
(エ) 調査書(第2号様式)
    ただし、「①各教科の学習の記録」の3年の欄は12月までのもとする。
(オ) 確約及び証明書(第5号様式)
      ※沖縄本島以外の地域から出願するもの。
(カ) 入学考査料 2,200円
(キ)  写真票(推薦第6号様式)
  ※出願の日前6か月以内撮影(カラー、白黒いずれも可) 上半身、脱帽、縦4.5cm×横3.5cm
裏面に氏名、生年月日を記入する。

(7) 選抜の方法  このページのトップへ

ア 選抜は、中学校長から提出された推薦入学志願書(推薦第1号様式)、調査書(第2号様式)、
   推薦申請書(推薦第2号様式)及び面接の結果に基づき推薦入学予定者を決定する。
イ 面接は、提出された推薦申請書(推薦第2号様式)に記載された自己表現及び
   個性表現(実技を含む)の申告内容その他の事項について実施する。

推薦入試面接
 (ア) 期日:平成29年1月20日(金)
 (イ) 時間:午後2時30分(午後2時体育館集合)
 (ウ) 場所:本校

※制服を着用し、名札をつけること。

名札レイアウト

※出願時に配布された芸術科目選択調査票(音楽・美術・書道)を提出すること。
ただし、国際経済科の芸術科目は音楽・書道とする

(エ)  「個性表現」(実技を含む)に出願した者は、必要な用具・服装等は
各自で準備すること。

(8) 選抜結果の通知及び入学の確約  このページのトップへ

ア 選抜結果については、平成29年1月27日(金)までに「推薦に基づく選抜結果の通知書」
  (推薦第4号様式)により、中学校長に通知する。
イ 入学確約書(推薦第5号様式)を、中学校長を経由して平成29年2月3日(金)までに
  提出すること。
ウ 入学確約書を提出した者は、県内外を問わず他の公立高等学校(特別支援学校高等部を
  含む)に出願してはならない。

(9) 合格発表  このページのトップへ

 平成29年2月3日(金)までに入学確約書を提出した者については、
 平成29年3月15日(水) 午前9時、 本校にて推薦合格者として発表する。

(10) 不合格者の再出願  このページのトップへ

 推薦入学選抜の結果、不合格になった者は、県立高等学校の一般入学に出願できる。
 この場合、県選抜実施要項の定めるところにより、関係書類を提出するものとする。
 入学考査料については、沖縄県立高等学校等の授業料等の徴収に関する条例施行規則
(昭和47年沖縄県教育委員会規則第11号)に定める入学考査料減免申請書を提出したとき
 は免除する。

総合的判断の基準  

1 下記の通り観点別に数値化する。

(1) 配点

   
ランク基準勤怠状況 成 績 行動の記録合 計
10 102550


(2) 観点別の内容は、次の通りとする。

ア. 推薦入試ランク基準
イ. 勤怠状況
   勤怠状況(3年間)
ウ. 成績
   内申の合計(3年間)
エ. 行動の記録
   調査書による「行動の記録」の○の和

2 判定会議に関する事項

 (1)次の①②の審議事項に該当しない志願者を優先的に審議を行う。

 ① 各学年の中で、無届欠席10日、無届欠課10時間、遅刻10回以上の
    いずれかが該当する者
 ② 「評定」1を有する者